【コマンドプロンプト】ディスプレイの解像度を取得する


この記事はプロモーションを含みます。

Windowsのコマンドプロンプトで、ディスプレイの解像度を取得する方法を解説します。

はじめに

Windows環境で、コマンドプロンプトを使用して、ディスプレイの解像度を取得する方法を説明します。
ここでは、下記パターンの取得方法を説明していきたいと思います。

  • 高さと幅の両方を取得する
  • 高さのみを取得する
  • 幅のみを取得する

高さと幅の両方を取得する

高さと幅の両方を取得する方法です。

下記のように「wmic ~」コマンドを実行します。
今回の場合は、高さが「2160」ピクセル、幅が「3840」ピクセルとなります。

c:\workspace>wmic desktopmonitor get screenheight,screenwidth /format:table
ScreenHeight  ScreenWidth
2160          3840

高さのみを取得する

高さのみを取得する方法です。

下記のように「wmic ~」コマンドにオプション「screenheight」を指定して実行します。
今回の場合は、高さが「2160」ピクセルとなります。

c:\workspace>wmic desktopmonitor get screenheight /format:table
ScreenHeight
2160

高さを取得して変数に格納する

取得した高さの値を変数に格納するコマンドです。

c:\workspace>for /f "usebackq tokens=* skip=1" %i in (`wmic desktopmonitor get screenheight`) do @if not defined var set var=%i
c:\workspace>echo %var%
2160

幅のみを取得する

幅のみを取得する方法です。

下記のように「wmic ~」コマンドにオプション「screenwidth」を指定して実行します。
今回の場合は、高さが「3840」ピクセルとなります。

c:\workspace>wmic desktopmonitor get screenwidth /format:table
ScreenWidth
3840

幅を取得して変数に格納する

取得した幅の値を変数に格納するコマンドです。

c:\workspace>for /f "usebackq tokens=* skip=1" %i in (`wmic desktopmonitor get screenwidth`) do @if not defined var set var=%i
c:\workspace>echo %var%
3840

バッチに組み込む

以下では、バッチファイルに組み込む方法を解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました