【コマンドプロンプト】ファイルのMD5ハッシュ値を取得する方法


この記事はプロモーションを含みます。

Windowsのコマンドプロンプトで、certutilコマンドを使用して、ファイルのMD5ハッシュ値を取得する方法を説明します。

構文

certutilコマンドで、MD5ハッシュ値を取得する際の構文です。

certutil -hashfile ファイルのパス MD5

サンプル

ファイルのMD5ハッシュ値を取得するサンプルです。

ファイルのパスを相対パスで指定する

c:\workspace>certutil -hashfile サンプルファイル.txt MD5
MD5 ハッシュ (対象 サンプルファイル.txt):
d4bfd1edaa4786e56e6306051a310693
CertUtil: -hashfile コマンドは正常に完了しました。

ファイルのパスを絶対パスで指定する

c:\workspace>certutil -hashfile c:\workspace\サンプルファイル.txt MD5
MD5 ハッシュ (対象 c:\workspace\サンプルファイル.txt):
d4bfd1edaa4786e56e6306051a310693
CertUtil: -hashfile コマンドは正常に完了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました