【Windowsバッチファイル(.bat)】テキストファイルを出力(書き込み)する


この記事はプロモーションを含みます。

Windows

バッチファイルで、テキストファイルを出力(書き込み)、追記する方法を解説します。

テキストファイルを出力(書き込み)する

ここでは、テキストファイルを出力、書き込みする方法を説明します。

書式

文字列を出力する場合の書式です。

echo 任意の文字列> 出力ファイル名

「任意の文字列」と「>」の間には、半角スペースを含まないようにして下さい。
半角スペースが入った状態で実行すると、実行結果に半角スペースが入ってしまいます。

コマンドの実行結果を出力する場合の書式です。

コマンド > 出力ファイル名

上記のように記述した場合、出力するファイルが存在しない場合は、
新規でファイルが作成され、そのファイルに書き込まれます。
出力するファイルが存在する場合は、既存の内容は書き込む内容で上書きされます。

実行例

ここでは、任意の文字列として「秋拓技術学院」という文字列を、
「sample.txt」というファイル名で出力してみます。

@echo off
echo 秋拓技術学院> .\sample.txt

上記の出力結果です(指定した文字列に加え、改行[CRLF]が出力されます)

秋拓技術学院

次は、コマンドの実行結果を出力する例です。

@echo off
dir /b /s > .\sample.txt

上記の出力結果です。

C:\workspace\folder_A
C:\workspace\sample.txt
C:\workspace\test.bat

テキストファイルに追記する

ここでは、テキストファイルに追記する方法を説明します。

書式

文字列を追記する場合の書式です。

echo 任意の文字列>> 出力ファイル名

「任意の文字列」と「>」の間には、半角スペースを含まないようにして下さい。
半角スペースが入った状態で実行すると、実行結果に半角スペースが入ってしまいます。

コマンドの実行結果を追記する場合の書式です。

コマンド >> 出力ファイル名

出力ファイルが存在する場合は、そのファイルに追記します。
存在しない場合は、新規でファイルを作成し、そこに追記していきます。

実行例

ここでは、1行ずつ、3行分の文字列を、「sample.txt」というファイル名で出力してみます。

@echo off
echo あいうえお>> .\sample.txt
echo かきくけこ>> .\sample.txt
echo さしすせそ>> .\sample.txt

上記の出力結果です(指定した文字列に加え、改行[CRLF]が出力されます)

あいうえお
かきくけこ
さしすせそ

次は、コマンドの実行結果を出力する例です。

@echo off
cd >> .\sample.txt
dir /b /s >> .\sample.txt

上記の出力結果です。

C:\workspace
C:\workspace\folder_A
C:\workspace\sample.txt
C:\workspace\test.bat

コメント

タイトルとURLをコピーしました