【コマンドプロンプト】ファイルの内容を表示する[type]コマンドの使い方


この記事はプロモーションを含みます。

Windows環境で、Linuxのcatコマンドのように、ファイルの内容を表示する「type」コマンドの使い方を解説します。

構文

typeコマンドで、ファイルの内容を表示する際の構文です。

type ファイル名

サンプル

ファイルの内容を表示するサンプルです。

c:\workspace>type サンプルファイル.txt
1行目
2行目
3行目

空ファイルを作成する

typeコマンドを使用したテクニックでよくある空ファイルを作成する方法を説明します。

下記のように、コマンドの引数として「nul」を渡し、その結果をリダイレクトで出力することで空ファイルを作成することが出来ます。

c:\workspace>type nul > empty.txt

ファイルサイズを確認すると、0バイトで空ファイルが作成されていることが分かります。

c:\workspace>where /r .\ empty.txt /t
         0   2023/04/27      11:32:30  c:\workspace\empty.txt

下記でバッチに組み込む方法を解説しているので、合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました